www.sinkyjames.xyz

為替への介入という言葉をご存知ですか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、雑誌、TV、インターネットなどの情報で見た方もいると思います。最初から為替介入といえば我が国においては、◯大臣(財務大臣)為替のレートの安定性を実現させるために遂行する方策ということで考えられています。わかりやすく言えば、極端な円高、円安の場合に財務大臣の指示によって中央銀行である日銀が日本円を売り買いして為替相場の安定をさせるものです。為替介入(外国為替平衡操作)には種類があります。1.単独介入・・・政府機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京市場において自ら市場に加わって為替介入をする。2.協調介入・・・銀行などが協議のうえでそれぞれの通貨当局の金を利用してみんなそろってあるいは続けて為替介入を実施する。3.委託介入・・・異国の銀行などへの為替の介入をお願いする。4.逆委託介入・・・日銀が海外通貨当局と代わって外国為替市場介入(為替介入)を行なう。こんなやり方があります。どの方法の為替の介入も一時期、または当分為替に大きい影響を与えるのです。為替介入(外国為替市場介入)のお金は当たり前のことですが国家の面子をかけているだけにスケールが違うのです。円を元にして例えると、日頃はほんの少し変化している為替レートが突発的に数円単位の動きをします。個人の投資家の方でしたら過去に体験していると思うのですがこれまでは順当に含み益(もしくは損失)が多い保有高を保持していたところで、保持している持ち高が決済となりましたという報告が外為の会社からメールが届き・・・の儲けかな(赤字になったのか)?と考えつつ決済の情報を見たところ、自ら期待していた事とは反対の結果で驚いてしまったとの例がよくあります。外国為替市場介入(為替介入)が行なわれるとよくあることなのです。為替介入(外国為替市場介入)を施行すると、市場の変動とまったく反対の変化をするのです。なおかつ動く金額の幅はかなり大幅に動くので注意しましょう。
Copyright © 1999 www.sinkyjames.xyz All Rights Reserved.